インターネットFAXの欠点

インターネットFAXの欠点としては、下記があります。

ビジネスマンとタブレット

1,FAX番号が限られる

(サービス会社によりますが)通常は、“050”や“03”など限られた市外局番での番号しかありません。

ですので、会社などでは少し違和感があります。

また、“020”の市外局番を使用するサービスは要注意です。FAX送信相手が負担する通信料金が、普通の回線より高くなります。また、IP回線を使用しているファクスでは送信できない場合があります。

※efaxなど一部のインターネットFAXサービスは全国市外局番に対応しています。

 

 

2,月額の基本料が必要

インターネットFAXサービスは当然有料です。一般的に基本料が1,000〜2,000円/月程度、100枚送信した場合、基本料込で1,200〜2,500円/月程度が標準的な価格です。通常のFAXは、基本料が約2,000〜3,000円、100枚送信して3,000〜6,000円と考えると、それほど高いわけでは無いと思います。

ただし、従来のFAX回線をそのまま残してインターネットFAXを併用する場合は、このコストがそのまま増加してしまいます。

もちろん従来のFAX回線の代わりとして導入した場合は、逆にコストを減らすことが出来ます。

012

 

3,PC操作が苦手な人や高齢者には敷居がたかく感じる

メールと同じく、PCに対して苦手意識があると、慣れるのに時間がかかることがあります。

使用する人がITを苦手としている場合は、導入前に本人からもよく意見を聞いたほうが良いでしょう。

タブレットと熟年

 

4,認知度が低い

 

あるアンケートでは、日本でのインターネットFAXの認知度は18パーセント程度でした。

(アメリカでは同じ60パーセント以上です。)

メールでFAXを送信した場合、(インターネットFAXサービスによりますが)メールの内容がそのまま相手が受信したFAXの表紙となるため、相手先が少々困惑する場合があります。

(FAX?メール?なんだろう?という軽い戸惑い程度ですが。)

※インターネットFAXサービスによってはこれらの問題に対応できるものもあります。


当サイトでは、主要11社のインタネットFAXサービスを31項目で比較した結果、最高評価のefaxをおすすめしています。
⇒efaxの詳細はこちらから

このページの先頭へ