インターネットFAXの活用法

インターネットFAXの活用法として代表的なものは下記でしょう。

1,外出先からのFAX送受信

こちらの動画が分かり易いかと思います。

いつでもどこでもFAXするならefax!

 

2,ファイルをデータで管理

FAXの送受信はデータから直接行えます。

また、送受信データは全てサーバーに残るので過去のFAXも簡単に探すことが出来ます。

主にPDF形式でFAXが保存されているので、たいていのデバイスから中身を見ることが出来ます。

Dropboxやgoogleドライブなどのクラウドストレージからも、直接FAXが送信できますし、受信ファックスを取り込むことも簡単です。

送信するファイルは基本はPDF形式が多いですが、サービス会社によって色々なファイル形式(エクセルやワード)もPDF変換せずにそのまま送信できます。 (私は不安なのでどうしてもPDF変換してしまいますが、、、)

 

※例えばefax®ではこれらのファイル形式をそのまま送信できます。(公式HPより)

主なドキュメントタイプ 対応バージョン 拡張子
Adobe PDF 全バージョン PDF
Microsoft Word v. 97, 2000, 2003, 2007 DOC, DOCX
Microsoft Excel v. 5, 95, 97, 2000, 2003, 2007 XLS, XLSX
Microsoft PowerPoint v. 4 and above PPT, PPTX
Compuserve Graphics Interchange Format GIF87a, GIF89a GIF
JPEG Joint Photography Experts Group All Versions JPG, JPEG
Tagged Image File Format (TIFF) All Versions TIF, TIFF
Portable Network Graphics (PNG) All Versions PNG

 


当サイトでは、主要11社のインタネットFAXサービスを31項目で比較した結果、最高評価のefaxをおすすめしています。
⇒efaxの詳細はこちらから
 

このページの先頭へ