一度使うと手放せない『無料クラウド・ストレージ』

クラウドストレージとは、分かりやすく表現すると、“インターネットに自分専用のデータ保存箱を設けるサービス”です。インターネットにつながる環境であれば、外出先からでもデータが確認、編集できます。また、共有設定をすれば、グループでデータの共有も出来ます。

インターネットFAXはクラウドストレージと組み合わせるとさらに便利です。

例えば、

  • 外出先で、クラウド・ストレージに保存した見積り書のデータを確認・修正してFAX送信
  • 電車の中で、受信したFAXをクラウド・ストレージに保存してグループに周知

なんてことがササッと出来てしまいます。

 

まだ、クラウドストレージを本格的に使用していない方のために、主要なクラウドストレージサービスを紹介します。


1、Dropbox

Dropbox

クラウドストレージの超定番、老舗といえばDropboxです。

無料:2GB(他人を紹介などで20GBまで増加できます)

有料:1TB(年間12000円)

初めての人は、Dropboxがおすすめです。


2、Google ドライブ

ドライブのロゴ

あのGoogleが運営しているサービスがGoogle Driveです。データをGoogleに勝手に利用されても良いという利用規約はありますが、便利なサービスです。

Gmailをメインで使用している人はこれも良いかもしれません。

無料:15GB

有料:100GB(1.99USD/月)〜1TB(9.99USD/月)


3、OneDrive

OneDrive

MicrosoftはOneDriveを始めました。

Microsoft Office Onlineを利用していれば有料プランも無料になるのでぜひ使いましょう。

無料:15GB

有料:100GB(190円/月)〜1TB(1,274円/月)


4、iCloud

大きな iCloud アイコン

AppleはiCloudですね。

もう少し有料プランの値段が下がると良いのですが。

無料:5GB

有料:20GB(100円/月)〜1TB(2,400円/月)


 

他にも、10社以上ありますが、上記のどれかを先ず使ってみることをおすすめします。どれもスマートホンでアプリがあり、操作性も問題ありません。

これらクラウドストレージは、セキュリティーの問題もあって、一部の会社では仕事への使用を禁止しています。ただし、最近はビジネス用に各社セキュリティなどを強化しているので、ルールを守った上で柔軟に会社として使用を検討すべきだと思います。


当サイトでは、主要11社のインタネットFAXサービスを31項目で比較した結果、最高評価のefaxをおすすめしています。
⇒efaxの詳細はこちらから

このページの先頭へ