ちょっと気になる、世界のインターネットFAX事情

インターネット関係のサービス普及では、やはりアメリカが世界をリードしています。

そのアメリカではインターネットFAXサービスの認知度も60%以上と高く、多くの力あるサービス会社(約16社)が競合しています。

1336-efax-box 2862-ringcentral-fax-box 2913-metrofax-box 48129-nextiva-fax-box

というわけで、当然日本よりも安いわけですね。USドルで7〜8USD(日本円で840〜960円)で500枚/月の送受信含むというインターネットFAXサービスが3社ほどあります。(RingCenter Fax、Netiva Fax、Metro Faxなど)

ただ、日本でも展開しているefax®はアメリカでも16.95USD(約2000円)で150枚/月という料金設定で、日本より高いくらいです。それでも世界トップの顧客数を誇るのは、品質と安定性、そして市外局番を49カ国4300都市で取得できるというefaxならではのことでしょう。

また、サービスの機能面もアメリカに比較するとまだ少々劣っています。アメリカのインターネットFAXにあって、まだあまり日本に取り入れられていない機能では、●迷惑送信者ブロック、●予約配信、●24時間電話ヘルプ対応ですね。アメリカに比較すると顧客の絶対数が少ないので、サービスを充実させるのは経費面から厳しいかもしれませんが、今後のサービス向上に期待したいところです。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ