インターネットFAXに代わるスマホ連携ファックス機登場!

インターネットFAXに代わる方法として、パナソニックからスマホで受信できるFAX機が発売されました。

 

これは受信ファックスをスマホにメールで転送してくれるファックス機です。

ただし、ここに注意して下さい

注意すべき点としては、

  • ①電話回線とファックス回線が同じ番号になる。
  • ②ファックス送信には、従来のファックスと同じく通信費用がかかる。
  • ③スマホとの連携はファックスの『受信』だけ。送信はできません。

ということです。

 

②の通信費用で注意すべきは、固定電話の通信料金が普通にかかるので、月100枚以上を送信する場合は送信先の住所などを考慮して比較したほうが良いということです。インタネットFAXはどこに送信しても一定の通信料金ですので、送信先が遠いほどインターネットFAXがお得になります。

【参考】一般的な固定電話の通話料

同一県内の市外通話料金(10円(税抜)でかけられる秒数)

距離段階 昼間 夜間 深夜
区域隣接・~20kmまで 90秒
[20円(税抜)]
2分
[20円(税抜)]
20kmを超え60kmまで 1分
[30円(税抜)]
75秒
[30円(税抜)]
90秒
[20円(税抜)]
60kmを超え 45秒
[40円(税抜)]
1分
[30円(税抜)]
90秒
[20円(税抜)]
※昼間(午前8時~午後7時)、夜間(午後7時~午後11時、土曜・日曜・祝日の昼間を含む)、深夜 (午後11時~午前8時)
※[ ] 内の数字は、3分間通話した場合の料金です。

 

【通信費の例1】

1度に2枚のFAXを送信(時間換算2分)で月に50回を60km以上の遠方に送信した場合、

→ 120円×50回=6,000円 が通信費用としてかかります。

【通信費の例2】

1度に2枚のFAXを送信(時間換算2分)で月に50回を区域隣接に送信した場合、

→ 20円×50回=1,000円 が通信費用としてかかります。

 

インターネットFAXと比較すると?

インターネットFAXはどうでしょうか?

例えば、月100枚送信で最安値のインターネットFAXはefaxになります。(→こちら参照

月150枚送信までは基本料金に含まれるので、月1,250円の基本料金のみとなります。(年払いは基本料1,250円ですが、月払いの場合1,500円です)また月150枚の送信を超えると、1枚10円の超過料金となります。

ファックス本体の費用約17,000円はインターネットFAXでは不要です。

 

まとめ

スマホでFAX受信できるパナソニックおたっくすKD101を利用してお得なのは、

  • 電話番号がファックスと電話で同じ回線で良い。
  • スマホでのファックス利用は『受信』だけ『送信』は不要
  • ファックス送信が非常に少なく、かつ市内や近接区域にしか送らない

という方だということです。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ