1、コストではこれ!『毎月の送信枚数と受信枚数』

インターネットFAXのコストは4項目に分かれます。

  • 初期費用
  • 毎月の基本料
  • 超過送信料
  • 超過受信料

ここで気をつけていただきたいのは、基本料に含まれる無料の送受信量が各社違うということです。ある程度の送受信までは基本料に含まれるので、送受信枚数によって最もお得な会社が異なります。

月毎の送信枚数と支払をグラフでまとめるとこの様になります。コスト詳細比較グラフ

送信枚数で整理すると

●送信0〜18枚/月 → fax050.jpが最も安い

●送信19〜44枚/月 → PamFaxが最も安い

●送信45枚以上/月 → efaxが最も安い

(※ただし、BizFAXは送信料金8円/分を8円/枚に換算しているので、これより安くなる可能性があります。)

 

※注意_PamFaxは基本的に英語のサービスです。また、fax050.jpはまだ小規模で歴史が浅いサービスなので安定している確証はありません。ファックスが届かなかったり番号が変わったりするリスクも含めて、総合的に判断することをおすすめします。

 

このページの先頭へ